出展/展示

  1. イベント

    メンダコ見れるかな。サンシャイン水族館恒例「ゾクゾク深海生物2024」に深海グッズを送り込みました

    1月12日よりスタートした池袋のサンシャイン水族館で開催中の深海シーズン恒例イベント「ゾクゾク深海生物2024」に、深海マザーからカップメンダコシリーズ他を出品…

  2. イベント

    関西地方、潜入成功。京都の古民家で開催の「海洋生物の世界フェア」に出品します

    8月11日より約1ヵ月間、ウサギノネドコ京都店で「海洋生物の世界フェア」が開催されるにあたり、深海マザーのカップメンダコシリーズを出品します。関…

  3. かなざわ珈琲のマスター

    愛とチムニーの日々

    ようこそ深海喫茶へ【かなざわ珈琲×深海マザー】

    我輩は珈琲依存症である。豆はもう無い。ここは世田谷の住宅街、昔は活気があったと言われているが、そんな名残なんか一切感じさせない寂れた商店街が世田谷線…

  4. 千葉県立中央博物館

    愛とチムニーの日々

    砂煙の千葉県立中央博物館【驚異の深海生物―新たなる深世界へ―】

    こんなにも暖かいというのに、今日は珍しく東京の洒落た街で的屋をしている。ビールは売ってないが店の敷地内には冷蔵庫があり、冷えてもいないのに「冷えてます」という謎…

  5. 愛とチムニーの日々

    さらばチムニー、ようこそチムニー

    三つのチムニーを破壊した。何かの度に創って、その何かが終わっても無駄に部屋に溜め込んでいた大きめのチムニーを三つまとめて破壊した。破壊作業は初めてだった…

  6. 愛とチムニーの日々

    表と裏の間っこ -深海ラボカフェ終焉-

    みんなで何かできたらイイねェ・・・。 -深海マザー代表当時(現在も)、SNSに依存しきっていたボクは、このぼやきを聞くと同時に、ある情報が目に入り、それ…

  7. 愛とチムニーの日々

    一つの終わり

    我輩は、絶望である。今、深海グッズが売れている。1~2年ほど前と比べると、種類や形態の豊富さ、それと深海に対する認識や興味の強さに明らかな違いを…

  8. 愛とチムニーの日々

    生き物シャッフルなまけっと

    生き物が好きで、その対象を何らかの形にしている人はたくさんいるらしい。好きな生き物の形を緻密に再現しようとする人、特徴を捉えてそれを表現する人、生き物を…

  9. 愛とチムニーの日々

    二人の天才-クマムシvs極限環境微生物ー地上最強生物トークバトル!-

    月が最も美しく輝くとき、ボクらは一体何を受け取るのだろう。引力によるなにかだろうか、癒し効果?それとも単に明るさだろうか。きっと生命あるそれぞれの場所に、平…

  10. 愛とチムニーの日々

    ダイオウイカの乱

    今年の年明けは深海生物で賑わっている。恐らくは、以下のような3つの大きな話題が原因だろう。国立科学博物館で7月から特別展「深海」鳥羽水族館のダイ…

  11. 愛とチムニーの日々

    巨大ヨコエビ本当に展示される

    浜名湖ガーデンパーク内で行われた花の美術館展覧会で ”深海性巨大ヨコエビ” のオブジェが展示された。ヨコエビって知ってますか?端脚類というグルー…

  12. 愛とチムニーの日々

    「しんかい-深きものども-」初出展風景

    深海中心・生物作品展示即売会しんかい-深きものども-東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎2012年10月14日(日)11:00~16:00…

おすすめ記事

  1. 2022年価格改定
  2. めんだこ6500
  3. 異物混入キャンペーン
  4. 陶器製カップメンダコ ポテリーシリーズ

最近の記事

  1. 深海マザー
  2. THE STUDY ROOM
  3. カップメンダコ サクラ
  4. 深海マザー

アーカイブ

  1. 深海生物をモチーフにした雪だるま

    アート

    雪と深海は相性グンバツ。深海生物をモチーフにした雪だるま作品8種
  2. 愛とチムニーの日々

    冷刀ヨコヅナイワッシャー誕生物語
  3. カップメンダコ生産停止

    ニューズ

    カップメンダコなど一部商品生産停止。その理由と「もしもこの世界から材料がなくなっ…
  4. ニューズ

    プレゼントは、あのひとへの奇策。深海インテリアグッズのラッピングサービスを始めま…
  5. カラーミーショップ大賞2020深海マザーノミネート

    キャンペーン

    一般投票開始。深海マザーオンラインショップがネットショップアワードにノミネートさ…
PAGE TOP